里山でのワークショップ”  

 

自然豊かな里山で楽しいこと、おもしろいことを企画していきます 

メインは、1つの田んぼで、みんなで米作りをする、「農業体験」です

安心・安全な無農薬、合鴨農法で作ります

農業をやってみたい、美味しいお米が食べたい、自然とふれあいたい、仲間をつくりたい・・・

いろんな気持ちを私たちと共有しませんか

きっと貴重な体験ができますよ

平成23年よりスタートしました。

場所は、私たちの活動フィールドである、山鹿市菊鹿町。

夫婦、親子、農業を始めたいと思っている人などを中心に、

参加者を募ります。

過去にはは、関東より熊本へ移住してきた親子も多く、初めての田植えや稲刈りを楽しんでやられてる姿が印象的でした。

 

【農業体験のスケジュール(参考までに)】

 

 6月中旬   田植え

 7月中旬   鴨の放鳥      

 9月      鴨上げ

10月       稲刈り

 

 

 

 

 

田植えも稲刈りも、合鴨農法で米作りをしている

ベテランな先輩方が近くに居ての作業になりますので、ご安心ください

 

田んぼで働く鴨の姿や、稲の様子などは随時ご覧いただけますので、

お気軽に足をお運びいただければと思います

 

昼食は、ばぁちゃんたちが作る、にぎり飯や合鴨汁、

自家製の漬物などのふるさと飯です

テーブルを囲んで、みんなで食べます

達成感、満足感でいっぱいの中、食べるご飯は格別です

 

 

栗拾いは、実った栗を軍手と取りばさみで拾います

まだ暑い時期で、汗だくになりながら夢中になってしまいます

拾った栗は、各自持ち帰れます

美味しい食べ方や、保存方法などもレクチャーしますので、安心してくださいね

 

また、栗拾いのあとに、「鴨上げ」という作業も行います

稲が育つまでがんばってくれた鴨たちを取り上げる作業です

 

 

鴨上げは、写真(左上)のように棒で稲を動かしながら、

鴨たちを角の小屋に追い込みます

鴨がどこにいるのかわからないので、声をかけながら追い込みます

 

一反の田んぼに約15羽の鴨が放されています

追い込みが成功したら、鴨の数を確認して、羽を切ります

その後、平地へ放します

ちなみに・・・・

鴨上げで取り上げた鴨は、約2カ月間飼育します

そして、11月頃に鴨を業者に預け、綺麗に解体してもらいます

食材として利用するためです

がんばって働いた鴨たちの命をいただくことこそが、

合鴨農法で米作りをする私たちの使命だと思います

循環型の農業をやっていきたいと思っているからです

農業体験では鴨を食べるところまでは予定しておりませんが、

今後、機会を作りたいと思っております

 

菊鹿町のいたるところに彼岸花が咲きほこる頃、稲刈りをします

(天候などにより、稲の実り具合が左右されるため、稲刈りの時期は未定になります)

 

昔ながらのやり方である、カマでの手作業です

小学生の子供たちも大人顔負けの器用さで作業します

ただ、カマで怪我をしないようにだけは気をつけてくださいね