top of page

tokyo/はじまりのワルツ

東京でお米を対面にて販売したいなあと思ったのは、

去年の秋ごろ。

友人であり、わたしたちの糀をつかったスコーンを

つくっているまよちゃんに「どこかできる場所、知ってる?」と

聞いたところ、さっそくうれしい返事が。


まよちゃんが焼き菓子をつくるアトリエとして借りている場所で

「販売できそうだよ」〇


そのアトリエは、もともと、画家のアトリエで、いまはその画家の

息子さんご夫妻が設計事務所として暮らしている場所。


いたるところに作品や表現がちりばめられていて、

光が燦々とさしこむ、とっておきの場所だった。


販売当日は、わたしたちのデザインをおねがいしている、みねさんも

一緒に、3人での販売会。

一度限りではなく、つぎにつながっていくイメージで、

「はじまりのワルツ」と名付けた会。


3人それぞれのおともだち、知り合い、いろんな方が来てくださって、

それぞれにそれぞれを紹介するような、とってもあたたかい温度の

会となった。


持って行ったお米たち、その他のモノたちもすべてどなたかのもとへと

旅立って、とってもうれしかった。

共鳴してくださる温度が伝わってきたから。


つぎはいつになるかな。

たのしみの種を蒔いていこう。


写真は、まかないでむすんだおむすび。

流れるような1日のなかで、一瞬のホッとするおむすびタイムに

こころもからだもゆるんだ。







Comments


bottom of page